広告の基本「書体」の選び方

本語の文字は大別すると、明朝体とゴシック体に分類する事ができます。

明朝体とは、横線に対して縦線が太めで、横線の右端や曲り角の右肩に三角形の山があるのが特徴の書体です。

ゴシック体は、明朝体と違って横線と縦線の太さがほぼ同等で、三角形の山がほとんどない丸みを帯びた書体です。

欧文フォントも日本語フォントと同様で、線の細さや三角形の山があるかないかで2種類に分ける事が可能です。

広告に利用するフォントはタイトルに向いてる場合もあれば、長い文章を記すのに向いている場合もあります。

重要なのは遠くからでも字をはっきり認識できるかの「視認性」、長い文章でもストレスなく読めるかの「可読性」、間違いなく文字を読み取る事ができるかの「判読性」を意識して、効果的な書体を選ぶ必要があります。

長い日本語の文章を載せる場合には、可読性の高い明朝体がおすすめです。細い書体は圧迫感やストレスを与えずに読んでもらうのに向いています。

もしも明朝体が広告のイメージに合わない場合は、細いゴシック体でも可読性でも問題ありません。

タイトルや見出しは、全体の内容を一目で把握し理解する上で重要となります。

そのため高い視認性が求められるので、全体を通じて太いゴシック体が選ばれる場合が大半です。

これらの知識に加え、もう一つ意識しておきたいのが、判読性や視認性を高くするようにデザインされたユニバーサルデザイン書体の存在です。

文字の大きさに関わらず読みやすいようデザインされていて、濁点や半濁点が文字などのバランスが取れているため読み間違いが起こりにくいのが特徴です。