散歩を生活に取り入れる

車や自転車が生活の一部になり、歩くという事が減っていることにお気づきでしょうか。
普段の生活の中で、「歩く=散歩を増やすこと」で運動量をとても多くする事ができ、有酸素運動のダイエットとして取り上げられています。
大体20分程度の散歩が出来ると、体内に蓄積された脂肪がエネルギーとして消費し始めるそうなので、少し長めの散歩を意識してみるのが良いとされています。
少し離れたお店に散歩がてら買い物に行くというのも良いでしょう。
近くの公園で自然を満喫しながら歩いてみるのも気持ちが良さそうですね。
自動車や自転車に乗らず、あえて歩いて風景を見ながら散歩をしてみると、ちょっとしたストレス発散にもなりそうです。
ただし、有酸素運動を意識するならダラダラと歩くのではなく、ちょっとオーバーアクション気味で、歩幅や腕の振りを大きめにするウォーキングが良いとされています。
今日の健康を維持するために、散歩を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。