広告の書体関連ニュース

広告を作る場合、多くの人は書体をそれほど気にしません。

その広告の内容が刺激的かどうか、最後まで読んでくれるレイアウトになっているかどうか、魅力的かどうかで決めているはずです。

そのため、文字だけでなく適度に画像を挿入して、全体を読みやすくする工夫がなされています。

これらは反応率の高い広告としてすべて間違っていませんが、最近のニュースでは、広告に中身がないことが多い旨の指摘がされていました。

テクニックにばかり走っている傾向があるからです。

やはり、その内容に嘘がないことや大げさではないことが信頼され、商品やサービスを購入するために必要なことなのです。

それ以外でも文字の書体も重要になります。

主に日本語の文字は、「明朝体」と「ゴシック体」に分かれています。

明朝体は、横線よりも縦線が太いのが特徴です。

また、横線の一番右側に三角形の山型があると言う特徴があります。

一方、ゴシック体は、横線と縦線の太さが同一です。また、明朝体にあった山型がない物をいいます。

広告に利用するのはゴシック体と明朝体のどちらがいいでしょうか。

明朝体を利用する時のポイントは、長い文章を書くときです。

この時横に細い明朝体はとても読みやすいのです。

これに対して短い文章を書くときにはゴシック体が読みやすくなります。

ただし、ネット上の文章の場合には、横がわずかしかない明朝体は読みにくくなりがちですので、ゴシック体を利用した方がいいでしょう。

太字を利用する時は一部分だけ利用するのが良いでしょう。